ブログ

ベトナム旅行で衝撃を受けた文化や環境「必要なアイテム」もご紹介!

ハスの葉茶を持っている

昨年、4泊5日でベトナムに行ってきました!

ベトナムは日本から比較的近くて行きやすい海外旅行先として、
行ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。

  • 私もベトナムに旅行してみたいけど、ベトナムって治安いいの?
  • 社会主義国家ってどんな雰囲気?
  • ベトナムって旅行しやすい?きれいな街?

この記事では、こんな疑問を持つ方に向けて、
実際にベトナムの街を歩いてみて感じた特徴や気を付けたいことについてご紹介します。
今回は「環境・文化編」をご紹介!

観光中に感じたベトナム人の特徴や性格についてもまとめています。
現地の人とコミュニケーションをとる際に是非参考にしてください!

ベトナム旅行してみて衝撃を受けたこと

いたるところにカフェが!超カフェ文化大国

ベトナムには、路上や街中のいたるところにカフェが並んでいます
しかも、お洒落で写真映えするお店ばかり♪

しかし、こんなにもなぜカフェ文化が定着しているのでしょうか?

それは、かつてベトナム戦争まで、長い間フランスの植民地支配を受けていたことが影響しているようです。支配中、フランスがもたらした西洋文化のひとつとして、カフェが定着しました。

ベトナムコーヒーが有名ですが、マンゴージュースやトロピカルドリンクなど、お店によって様々な種類のドリンクを楽しむことができます。

市場のお肉コーナーがなんとも言えない異臭

 ダナン中心部にあるハン市場を訪れました。
ダナンを代表する市場で、1階が生鮮食品や乾物などの食品、みやげものの売り場、
2階は、洋服や靴などを販売しています。

せっかくなので、見に行ってみることに!
本当に広くて、迷路のようでした。

好奇心で隅々まで散策しましたが、
お肉コーナーに近づくに連れて、鼻がもげるような臭いが…。
申し訳ないのですが、私には耐えられない臭いで即座に退散。
お肉が常温で腐ってる…?傷んでいる…?気がします。

ベトナム人は、常温で売られているお肉を普段から(小さい時から)食べてるので、
お腹が強いのだと、ガイドさんから後ほど伺いました。

https://danang.style/tourism/49

お墓がめっちゃ立派

ダナン滞在中、郊外にある世界遺産「ミーソン遺跡」を観光。
遺跡に向かう道中で、立派な石造りの群が並んでいました。

ガイドさんによると、自分の家を模倣して作ったお墓らしく、
お金持ちほどより立派になるそう。
ここにもベトナム人の見栄っ張りさが出ていると伺いました。

ダナンの近くのアンバン村にある墓地がとても豪華な石碑になっているということを、
帰国してから知りました。
もしかしたら、この影響を受けたお墓を見たのではないかと推察。

ちなみに、ハノイやホーチミンのような都会では火葬ですが、
ダナンなどの田舎(?)はまだ土葬文化らしいです。

都心部から郊外へ出かけると、
日本やベトナム中心部ともすこし違った一面を見ることができます。

墓の町、アンバン村

社会主義国家のわりにフリーダム

「社会主義」と聞くと、
経済や社会システムが厳格な体制下に置かれている印象を持ちます。
資本主義の国で暮らす自分からすると、すこし身構えてしまうところがありました。

社会主義国家のベトナムはどのような様子なのか?

現地で過ごしてみて感じたのは「社会主義国家のわりにめっちゃ自由やん!

インターネットもSNSも、自由に使えます。
旅行する分には、身構える必要はなさそうです。

ただし、共産党や政府の根本にかかわるような批判や発言は公の場では控えましょう。
ベトナム人は日本語も理解できる方が多いので、日本語でもNG。

大気汚染か?空気が汚い

ハノイに到着し、空港の外に出て空を見上げてみると、空気が曇っているような気がする…

ベトナムは大気汚染が深刻な問題になっている国の一つ。
ハノイ、ホーチミンのように人口が集中している国は特に汚染が進行しているそう。

喘息持ちの方は少し過ごしづらいかも。
喘息を持っていなくても、マスクは持ち歩いておいた方がよさそうです。

他の国とレベルが違う!原付バイク大国

アジアでは、タイや中国など、
バイクが生活の一部として重要な役割を担っている国がいくつかあります。
しかし、ベトナムに降り立って街並みを眺めると、
ほかの国と比にならないぐらいのバイク社会であることを思い知ります。

ベトナムでは、四輪車に高い税金をかけられており、
一般所得者には手が届かない値段となっているため、
普通の人はバイクを所有しているそう。

それにしても、日本では見られないようなバイクの交通量と、
交通マナーの悪さに圧倒されます(笑)

ノーヘル&2人乗りをよく見かけました。
家族で乗っているのか?max4人乗りをしている人たちも(笑)

ベトナム旅行で必要なもの

4泊5日ベトナムを旅行してみて、絶対に必要だと実感したものをご紹介します!

役立つものばかりなので、ベトナムに行く前に、これだけは準備してください!

マスク

上記でも述べましたが、特にハノイは大気汚染がひどいと感じました。

空港から外に出た瞬間、むせてしまうほどなので、マスクの着用または持ち歩きをお勧めします!

タクシーアプリ『Grab』

いろんな観光スポットに回りましたが、移動手段はタクシーがほとんどでした。

鉄道もありますが、主な世界遺産や観光スポットは、鉄道が通っていないところに位置しているので不便。

でも、タクシーの中には、ぼったくりタクシーも存在するので、
ぼったくられたくない方は、「Grab」というアプリを事前に登録しておくことをお勧めします。

使い方は、とても簡単です。
アプリをインストールし、GoタクシーやUberタクシーのように、事前に目的地と拾って欲しい場所を入力します。配車予約を完了した時点で料金を知ることができるので安心です。

Grabタクシーアプリ インストール
https://www.grab.com/global/ja/rides/

気温や日差し対策

ベトナムは高温多雨で、年間平均気温は22℃という熱帯モンスーン気候の国。
ですが、地域によってかなり気候が異なります

ハノイを含む北部では、一応四季があります。

今回4月にハノイ、ダナンを訪れました。
ハノイは少し肌寒く、曇っている日が多かったのですが、
ダナンはすごく蒸し暑く、日差しも強かったです。

場所は日によってだいぶ体感温度が変わるので、
脱ぎ着しやすい上着や、日焼け止め、日傘、サングラスなどの
体温調整グッズ
を持っていくことをお勧めします。

ABOUT ME
endomame
ブログ歴半年の理系職・独身アラサー女子です!忙しい毎日に押しつぶされず自分らしく生きていくために、自分磨きやグルメ、旅行について発信していきます♪