ブログ

自分の意見を伝えるのが苦手な人は必見!【瞬時に言語化できる人が成功する。】

『意見を伝えるのが苦手』を解決して人生変えよう!

言いたいことがあるのにうまく言葉にできない。
会議で意見を求められても、パッと言葉にできない。
伝えたい思いはあるのになんと言っていいか分からない。
モヤモヤしたイメージがあるけどどんな言葉で表したらいいか分からない。

こんな気持ちになる方、いませんか?

この記事では、
なんで意見が出てこないのか?
どの言葉を選べば上手く人に伝わるか?説明ができるか?

がわかるようになります。

私も社会人1,2年目の頃は、意見を伝えることができず、
モヤモヤした日々を送っていました。

しかし、意識を少し変え、ちょっとトレーニングするだけで、
言いたいことをシンプルに表現することができるようになり、
仕事も任せてもらえることが増えました!

言語化力をつけるためのコツをまとめたので、参考にして下さい!

悩む女性

自分の意見を言葉にできない悩み

会議中に「どう思う?」って聞かれた時。
上司に報告したら「この場合はどう対処する?」って聞かれた時。
友人達とな会話で「今からどうする?」って聞かれた時。

意見を求められても、意見が浮かばない。
伝えたい思いはあるけど、なんと言っていいか分からない。

私はこんな気持ちのまま、社会人1.2年目を過ごしました。

いろんなビジネス書で見かける
「独自の視点が問われる時代」っていう言葉にドキッとしてしまう。
自分は世の中の流れについていけないのではないか?不安が膨らむ。

上手く表現できないモヤモヤな感情に蓋をしていたけど、
このままだと
何も考えてない人として見られる。
社会人としてレベルを低く見積もられる。


自分に自信が持てないまま。
真面目に仕事に向き合ってるのに、損でしかない。
周りの先輩みたいに自分の意見を話せるようになりたい。
役に立ちたい。自信を持ちたい。

そんな時に、
「瞬時に言語化できる人がうまくいく」電通コピーライター 荒木俊哉著
を見つけた。

タイトルを見た瞬間ビビッときた。

この本を読むと、
なんで意見が出てこないのか?
どの言葉を選べば上手く人に伝わるか?説明ができるか?

がわかるようになってくる。

この本を読んで学んだことをまとめました。

コミュ力を磨いても、答えられないモヤモヤは消えない

コミュ力も確かに大事だけど、何を言うかで周りに与える影響が全然違う

例えば、会議中の上司からの無茶ぶりに、
説明がヘタクソでも具体例を出しながら賛成の意見をはっきり言えるのと、
愛想笑いでごまかすのとでは、
どちらの方が積極的に会議に参加しているかは一目瞭然。

話し方ではなく、何を言うかが重要。
つまり、言語化力(何を言うか?前工程)≠伝え方(どう言うか?後工程)

だから、コミュニケーション本を読んでも、
自分の意見を伝えられないモヤモヤは消えない。

このモヤモヤを言葉に変換する力がないと、薄っぺらいことしか言えない。

たとえば…
SNSでも今日の出来事を書いているだけの投稿はいっぱいある。
そのアカウントが有名でない限りフォローする意味ってない。
新しい気づきとか新しい視点を持っていないと、興味を持ってもらえないのは、当たり前。

ドキッとする方いませんか?私はしました。
当たり前のようで全然気が付いていない人は多い。

答えられないモヤモヤを無くすトレーニング

この本では、漠然とした考えを言葉にまとめるために、
メモ書きで言葉の解像度を上げるトレーニングを勧めています。

人は無意識のうちに、
何かしらの感情やぼんやりとした考えが無数に頭の中を行き交っています。

だから、会議中に話し合っている課題に対しても、
何かしら、ぼんやり思っていることがあるはず。
曖昧なイメージのままにせず、言葉にすることを習慣にしよう!

かすかな部分から少しずつ、
なんでもいいから一つは書き出してみるトレーニングをやってみよう!

一題2分×3回/日でできるお手軽なトレーニング

めんどくさって思うかもしれないけど、このトレーニングは短時間で取り組みやすい!
忙しくてもできる
ハードル高く短い方が集中して取り組める
っていうメリットがある。

用意するものは、A4コピー紙とボールペン。
思いついたことは考える前に急いで書くから、コピー紙が最適。

①自分へのお題・問いを大きく書く。
本の巻末にあるお題や、最近自分が悩んでいること、興味があることなどを題材にする。

②メモを2分割

③思考と理由に分ける、まずは思い浮かんだことを一行書く

④書いたことに対して深掘り(芋づる式言語化思考法)

⑤思考最終行から理由を書き出す

⑥さらに深掘り


【トレーニングのポイント
なんのために言語化力を磨いているのか?を忘れない。
「意見を相手に伝える」ことが目的。

●メモは自分のために書き溜める(日本)
●誰かに伝えるために書かれた情報(英語)=ノート

誰かに伝えることを意識して書いていこう!

ミーティングで意見を出し合う人たち

言語化に必要な鍵

言語化におけるとっかかりは「自分の経験を思い出す」こと。
自分の考えは、これまでの経験から成り立っていることがほとんど。

経験というのは、
経験=できごと+感じたこと

経験を思い出すことが、言語化力を磨く鍵。

「できごと」を通じて、私が感じたことはなんだったのか?
自分の意見や思いを求められるどんな場面でも、まずは経験を思い出すという意識を持つ。

過去の感情を思い出すには、過去のできごとの中で、
ふと感情が生まれた瞬間、動いた瞬間、
一つ一つの場面を思い出しながら、感情のゆらぎに目を向けることが、
思い出すきっかけをくれる。

【応用】言葉選びで何倍にも伝わりやすくなる

言語化=自分が感じたことを相手が理解・共有できる言葉で表現すること。

もちろん、大事なのは発信者自身の思いや意見がしっかり存在すること。

だけど+αとして、それが伝わりやすい言葉だと、なお良し。

より分かりやすく伝えるためにはどうすればいいか?

  1. 問いに対しての「思考」が、出来事だけになっていないか?
    出来事の中で自分の心がうごいたことや感じたことを書く。
  2. 感じた複数のことがらをグループ化→グループ化した内容を最低限伝わる文章に削る。単語や修飾語を削ぎ落としてみる。

仕事で活かすには?

会議のメモの取り方

いかに普段の仕事から自分自身に問いを立て続けるか?が大事。
意識的に問い形式のメモを残しておくと、自然に言語化トレーニングになる

あらゆることになんで?の意識を持ち続ける

自分に問いを立て続けることで、自分が感じたことに常に言語化できる。
なんとなく世の中のことが理解できているつもりになりがち。
そのままでは、何も考えずに取り組んでしまう。

自分に自信を持つ。

私はズボラなので毎日トレーニングはできていないのだが、
なぜ?は常に意識するようにしている。
ついでに、抜け漏れを減らすことができて一石二鳥だ。
少しずつ自信がつき始めている。
焦らず頑張ろう!

ABOUT ME
endomame
ブログ歴半年の理系職・独身アラサー女子です!忙しい毎日に押しつぶされず自分らしく生きていくために、自分磨きやグルメ、旅行について発信していきます♪