ブログ

「テーブルマナーやビジネスマナーなんて、くだらない」って思う人へのおすすめ対処法

日本はマナーやしきたりが多すぎないか?

さらに、マナーがなってないと、

  • 恥をかくぞ。
  • 育ちが悪く見える。

なんて言われる。

こんなことを言われたり聞いたりすると、
くだらない、余計なお世話だと思い、イラっとしていた。

マナーを学んでいないだけで、自分や家庭環境を否定されるということに違和感があった。

そこで、マナーに対するモヤモヤを整理してみた。

本来、マナーとは何なのか?

本来マナーの目的は何か?マナーとは誰のためにあるのか?

本来、マナーとは『相手への思いやり』のために存在している。

他人への思いやりの手法の一つとして、存在するものなのに

  • マナーを守らないから線引きをする
  • ひどい場合には相手を攻撃する

というのはあまりにも馬鹿馬鹿しい。

本来の意味を考えると、
テーブルマナーを知らない人間に対し、
「育ちが悪い」と馬鹿にしたり嘲笑したりする人よりも、
何も気にせず一緒に楽しく食事をする人の方がよっぽど思いやりがあり、
マナーのある人間といえる。

海外旅行中、カフェに入ろうと店内をのぞくと、
店員さんはスマホをいじりながら喋ったり、リラックスしたり楽しそうに過ごしている。
日本だったら、「さぼるな!給料が発生している間はきっちり働くのがルール(マナー)だろ。」なんて言われる。

でも、客が入店すると、ちゃんと接客をしてくれる。
さらには、「日本人ですか?」と尋ねられ、はいと、答えると、
「日本はいい国ですよね!アニメ好きなんです!日本の女性はきれいですね!」
のようにこちらの気分が嬉しくなるような言葉を、自然にかけてくれる。
これこそ、思いやりなのではないか?と感じた。

少し、話がずれてしまったが、
日本人はキチキチとしたルールやマナーに縛り付けられていて
その規律が少しでも乱れると、乱したものを違反者扱いする傾向がある。

『マナー』の大半は価値観の押し付け

「マナーは守れ」と言う人の大半は、自分の価値観を押し付けている人が多い。

「くちゃくちゃ」と咀嚼音を立てながら食べるのは、確かに少し気分を害してしまうことがある。人間の本能的に不快感によるものだから仕方ないと思う。

しかし、

  • 肘をついて食べるな
  • 箸の持ち方がおかしい

という批判は、“誰かが勝手に決めた常識・価値観”を守っていないことに対する不快感だ。

自分に染み付いている価値観が正しくて、
自分の常識内の行動をしていない奴がマナー違反だと発言している。

「自分の知らないマナーは守らなくていいけど、私が守っているテーブルマナーは守るべきだ。」と言っているようなもの。

自分に都合が良すぎるのではないか。

価値観の押し付けに対抗するには
『マナーを身につける』

「マナー違反だと発言している人は、自分の価値観を押し付けているだけなんだ。」

そうやって思ってやり過ごせるほど、生きやすい社会ではないのは十分承知している。

どう対処するのが良いか?

それは、『マナーを身につけること』だ。

相手と同じ土俵で戦うのだ。
マナーを身につけると言っても、
価値観を押し付けるのではなく、思いやるマナーを身につける。

相手は“誰かが勝手に決めた常識・価値観”に沿って生きている。
その価値観を否定せず、同じ目線にいてあげることが、
相手を思いやるということではないだろうか。

箸の持ち方がおかしい人に対して、一緒になって笑うのではなく、
相手の気持ちを害さないように、箸の持ち方を習得しておく。

これが相手に対する思いやり(=マナー)だと考える。

相手の気持ちを汲み取ることが重要なのだ。

このマインドで、筆者は日々、テーブルマナーを重視する人たちにも挑んでいる。

ナイフとフォークを持つ手
~イイオンナを目指して~流石に知っておきたい!食事のマナーを身につける。 食事マナーが身についていると『育ち』が良く見える。 たとえば、職場の上司や、パートナーのご家族と食事を共にする時。 「え、...

それでも納得できないなら、俯瞰してやれ。

色々述べたが、それでも私はどちらかというと“心が狭い人間”なので、
どうしても自分の価値観を押し付けてくるタイプの人間が苦手だ。

だから、心の中では俯瞰していればいい。
相手の思うマナーは身につけつつも、
「価値観の押し付けだな~」って俯瞰しながら、涼しい顔でいろんなマナーを学んでおく。

自分の価値観を押し付けるタイプの人間は、
いつか相手の価値観に沿わない行動をとり、恥をかかされるだろう。
なんて、思っておく。

同じような考えの方が、すこしでも心が軽くなるといいなと思っています。

ABOUT ME
endomame
ブログ歴半年の理系職・独身アラサー女子です!忙しい毎日に押しつぶされず自分らしく生きていくために、自分磨きやグルメ、旅行について発信していきます♪